医師から処方してもらった育毛剤が効果的である

選び方のポイント

手鏡を持つ男性

薄毛や抜け毛を改善したい人が使うのが育毛剤です。育毛剤には抜け毛の原因物質を排除する効果があります。最近は市販の育毛剤でも医薬品並みに高い効能がありますが、自分の頭皮と相性が合うものを使うことが大切です。

More Detail

発毛を促すアイテム

頭に触れる手

毛周期が整う

人間に生えているあらゆる部分の体毛は「毛周期」というサイクルで抜け替わっています。髪の毛にも同じように毛周期があります。だいたい4年〜6年くらいの成長期と2週間ぐらいの退行期、3か月ぐらいの休止期を繰り返しています。この毛周期が何らかの原因で乱れると、成長期の毛髪が抜け落ちます。これが増えることが薄毛になっていきます。育毛剤には抜け毛の原因となる毛周期の乱れを整え、薄毛を予防する効果があります。育毛剤に含まれている様々な育毛成分が頭皮に働きかけて、細胞レベルで発毛しやすい環境になります。また、頭皮の血流が改善されるので、栄養が毛細血管の隅々まで行き渡るようになり、抜けにくい毛髪が生まれやすくなります。

種類

育毛剤には化粧品や医薬部外品に分類されるものや、医薬品に分類されるものがあります。「育毛ローション」や「ヘアトニック」などが化粧品に分類される育毛剤です。医薬部外品に分類されるのが「薬用育毛剤」です。どちらもドラッグストアで購入できて、初期の薄毛の改善や薄毛の予防に効果的です。しかし、薄毛が進行していると、市販の化粧品では効果が出にくくなります。それどころか、間違った育毛剤選びをすることで、抜け毛がひどくなることすらあります。薄毛が深刻な状態の人ほど、医療機関で診てもらうのが効果的です。医療機関では自分にあった医薬品の育毛剤を出してもらえます。自己判断で市販品を使うよりもずっと安全・安心です。

男性型脱毛症の予防

ヘアケア用品

男性型脱毛症の予防に効果的なのが育毛剤です。育毛剤は店頭で気軽に購入できるので、わざわざ病院に行って治療を受けなくても手軽に脱毛を予防できます。お風呂上りやシャンプーのあとにつけると浸透力がアップします。

More Detail

分類と特徴

ブラシ

薄毛対策をするときに欠かせないのが育毛剤や発毛剤です。育毛剤や発毛剤は医薬品、医薬部外品、その他に分類され、手に入る所がそれぞれで違います。育毛剤には抜け毛の予防、発毛剤には発毛効果があるのが特徴です。

More Detail