医師から処方してもらった育毛剤が効果的である

分類と特徴

ブラシ

手に入るところ

抜け毛ケアができるアイテムには、市販のものから医療機関で手に入るものまで沢山の種類があります。最初に知っておくべきなのが、育毛剤や発毛剤などの種類についてです。育毛剤には抜け毛の進行を抑止する効果があり、発毛剤には新しい毛が生える効果があります。育毛剤と発毛剤は、医薬品と医薬部外品とその他に分けられます。育毛剤は医薬部外品とその他に分類されるものが多く、ドラッグストアや薬局などでも購入できます。その他とは簡単に言えば化粧品のことで、コンビニなどでも売られています。発毛剤は医薬品に分類されるものが多く、医療機関や薬剤師がいる薬局でのみ手に入ります。ちなみにネットがあれば、どの分類であっても簡単に手に入ります。

抜け毛予防と発毛ができる

育毛剤を使うことで、抜け毛の予防や脱毛のストップができます。まだ本格的にハゲてはいないけど、将来のハゲを予防したい場合や、抜け毛の量が増えてきたなと感じたときに使うのがお勧めです。育毛剤は店頭で気軽に買えて発毛剤よりも安いものが多いので、育毛ビギナーに人気があります。発毛剤には医療品レベルの発毛有効成分がたっぷりと含有されています。様々な有効成分が毛母細胞に働きかけて、細胞分裂しやすいようにシグナルを送ってくれます。育毛剤よりも価格が高いですが、発毛効果が期待できるので育毛上級者に人気です。育毛剤を使っても抜け毛が減らないとき、髪の毛を増やしてハゲを治したいときに使うと効果があります。発毛剤には多くの種類があるので、どの発毛剤が自分の症状に良いか検討してから選ぶと良いでしょう。