医師から処方してもらった育毛剤が効果的である

選び方のポイント

手鏡を持つ男性

頭皮を改善する

頭皮に悩みを抱えている人のためにあるのが育毛剤です。育毛剤には頭皮のべたつきを抑える効果、ふけやかゆみを抑える効果、血行を改善する効果などがあります。また、頭皮医科学的な観点から開発された様々な育毛成分を配合しており、発毛に必要な有効成分が細胞に働きかける仕組みになっています。育毛剤には抜け毛の抑止だけができるものと、発毛効果があるものがあります。ドラッグストアなどで売られている安価な育毛剤は化粧品の一種に分類されます。化粧品なので、あまり高度な成分を配合しておらず、抜け毛の抑止だけができます。ネットで売られている1万円近くする育毛剤の多くは発毛促進成分を配合しているので、発毛も期待できます。

相性から選ぶ

「高価な育毛剤を使っているけどまったく抜け毛が減らない」「評判のいい育毛剤なのに効果がでない」という人もいます。そういう人は、使っている商品が肌にあっていない可能性があります。育毛剤は商品によってはとても刺激のつよい成分を使っているので、相性が悪いと効果が出ないどころか、頭皮が炎症を起こすこともあります。「べたつきを抑える」「血行促進する」「男性ホルモンを抑える」など、商品によって効能は違います。例えばもともと皮脂分泌が少ない乾燥肌の人が、べたつきを抑える効果がある育毛剤を使うとますます乾燥が悪化します。どんなにリピーターが多く評判の高い育毛剤でも、自分の肌にあっていないと効果がないので効能を確認してから使うことが大事です。