医師から処方してもらった育毛剤が効果的である

男性型脱毛症の予防

ヘアケア用品

手軽に抜け毛予防ができる

育毛剤は男性型脱毛症などの抜け毛の症状を緩和または抑止する効果があります。「抜け毛が気になるけど病院に行って治療するほどでもない」という人にとって、育毛剤は欠かせないアイテムです。どんなに気を付けて生活していても、頭皮に必要な栄養が足りていない状態だと薄毛になります。今は昔よりも頭皮医学が進歩しているので、市販の育毛剤でもとても効果が高い有効成分が配合されています。毛母細胞の細胞分裂を促し、髪の毛の成長をサポートする効果がある育毛剤もあります。男性型脱毛症に効果がある育毛剤は、男性型脱毛症の原因である酵素「5αーリダクターゼ」の活性化を抑止し、根本から抜け毛を改善できるプログラムになっています。

浸透させるコツ

育毛剤は頭皮に「浸透させること」が重要になってきます。いくら高くて有能な育毛剤を使っていても、頭皮に浸透しなければ意味がなくなります。まず毛穴の汚れをしっかり取っておくことがポイントとなります。シャンプーをして毛穴に詰まった皮脂やほこり、スタイリング成分などをしっかり取ったあとに育毛剤を塗布すると浸透しやすくなります。お風呂から上がったあとは全身や頭皮の血行が良くなり、毛穴が開いた状態になっています。そのため、夜はお風呂上りのタイミングで育毛剤を使うのがベストです。髪の毛が坊主か短髪の場合はタオルドライしたあとに、ロングヘアの人の場合はタオルドライ後、軽くドライヤーで乾かしたあとにつけるのがおすすめです。